ニュース

2020年7月13日

第5次男女共同参画基本計画の検討状況についてヒアリング 党ジェンダー平等推進本部

このエントリーをはてなブックマークに追加

 立憲民主党ジェンダー平等推進本部は10日、第5次男女共同参画基本計画の検討状況について政府よりヒアリングしました。

 会議では、第5次計画の策定のスケジュールや検討体制等を確認し、「指導的地位に占める女性の割合を30%」目標の達成年限の先延ばしについて、橋本聖子男女共同参画担当大臣が6月23日の記者会見で、「新型コロナウィルス感染症拡大が、男女の性別によって雇用や生活に与えている影響の違いなどについて調査分析を行いたい」と発言したことを受けて、政府としてどのように検討を進めるか等について質疑応答を行いました。政府からは具体的な回答がなかったため、引き続き、政府の動きを注視していきます。

 立憲民主党としても、引き続き有識者や関係団体などの意見を聞いていくことを確認しました。

関連ニュース

関連ニュース

関連記事